調剤薬局監修健康診断についての解説サイト

人間ドッグの検査項目D尿検査・便検査

腎臓で血液を濾過(ろか)してつくられる排泄物が尿です。尿を調べると体の状態がよく分かり、腎臓、膀胱、肝臓の病気まで見つけることができます。便検査では、便の中に血液が混ざっているかどうかをみて、消化管内の出血の有無を調べることができます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

尿検査は学校や会社の健康診断などでも行った経験があるのではないでしょうか? 一般的な尿の採り方は自然排尿です。排尿の際は前半の尿は捨て、“中間尿”を尿コップに採り、後の尿も捨ててしまいます。尿コップの約3分の1(目盛り25〜50ml)程あれば十分です。 また尿検査を行う前日に食べた食べ物の影響によって結果が変わってきます。ビタミン剤の多く入っている飲み物や食べ物を摂取すると、尿に色がついたり、検査結果が正確に出なかったりすることがあります。 尿を採取して調べるものとしては、糖・蛋白・潜血・ケトン体・ビリルビン・ウロビリノーゲン・pH・比重などを調べます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

便検査とは患者が排泄した便の成分を調べることで、体内の異常を調べる検査です。便検査の検査項目には便潜血反応、寄生虫卵、便生化学検査などがあります。
またその他にも便潜血検査として、便潜血反応とは、便中に血液が混じっていないかどうか調べる検査で、小腸や大腸などの消化器系の異常を調べる場合に行われます。なお、便潜血での検査法には免疫学的検査法と化学的検査法があり、さらに化学的検査法には高感度法と低感度法というものがあります。

 

薬剤師国家試験