調剤薬局監修健康診断についての解説サイト

人間ドッグの検査項目B胃カメラ・腸カメラ

内視鏡とは「体の内部を見る鏡」という意味です。胃に超小型カメラを入れて撮影する胃カメラが日本で発明されて、早期胃癌を発見できるようになりました。今では光ファイバーを使用したファイバースコーフが、非常に小さいテレビカメラを組み込んだ電子内視鏡を用います。胃の内視鏡では食道、胃および十二指腸の一部を観察します。胃なかの泡を消す薬を飲んでいただき、のどの麻酔を行います。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

胃の運動を止める薬と鎮静剤の注射(省略することもあります)をします。内視鏡は9ミリ前後の太さがあります。太いものを呑んだような気持ちがしますが、普通に呼吸ができますからあわてないでください。検査時間は10分間くらいです。生検(胃の粘膜からごく小さい組織をつまみ出す)することがあります。
眼で見ただけで診断を決めかねるときに、胃粘膜から細胞を採って顕微鏡で調べます。痛くはありませんが、2mmくらいの小さい傷ができます。すぐに治りますが、2-3日は刺激物は避けてください。色素液をまくことがあります。食道や胃粘膜の細かい変化を観察するために、色素液をまくことがあります。あとで尿や便に色が付いたり、胸やけが残ることがあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

腸カメラとは正式には大腸内視鏡検査といいます。胃カメラと同じ原理と仕組みですが、大腸専用の電子スコープ(ファイバー:カメラ)で肛門→直腸から挿入し、腸の内部を観察する検査です。フルカラーでテレビモニター上に映像を映し出して異常がないかを観察しますが、ポリープや癌などの疑わしいところがあれば、その場で組織の一部を採取(生検)したり、直接ポリープを切除(ポリペクトミー)して細胞レベルで調べる病理検査をします。

 

薬剤師 就職